便秘には毎日飲める自然のお茶で確実効果、自然に出せて体にやさしいお茶です。

便秘解消方法

  • HOME »
  • 便秘解消方法
https://3048.com

食物繊維を多く摂りましょう。

食物繊維はさまざまな食品から…

ダイエットのために食事を極端に減らしたり、口当たりの良いものばかり食べていると、便の量が減って便秘を起こすことがあります。

便の量を適度に増やすためには食物繊維(腸の掃除役)をたっぷり含んだ食品と水分を適度にとるように心がけましょう。

便秘を防ぎ腸をきれいにする食物繊維たっぷりの食品は、野菜・芋類・海草・豆などです。

これらの食品は低カロリーのものが多いのでダイエットにも有効です。

食物繊維の多い食品は多岐にわたり、それぞれ繊維以外の栄養素が違います。

一つの食品を大量に食べるより、さまざまな食品から取ることを心がけると、食事全体のバランスも良くなります。

水分を多く摂りましょう。

水分不足で便は硬くなります。

便秘解消には水分補給か欠かせません水太りを心配して水分をひかえてばかりいると、便秘になってしまいます。

体内でいらなくなった水分は尿としてだけでなく便にも含まれて排出されます。

食物繊維とともに水分をたっぷりとっていると、食物繊維が水分を含み、スムーズに排便できるやわらかい便になります。

1日に必要な水分量は、1.5リットル程度ですが、暑い時期、運動後などは、もっと必要になることもあります。

こまめに水を飲むようにしたり、食事のときにも水分の多い、みそ汁やスープ類などをメニユに加えるようにしましましょう。

特に気をつけたいのは、ジュースや清涼飲料水を水かわりに飲む習慣です。

適度な飲用はかまいませんが、糖度が高く、エネルギー量の高いものが多いので、大容量のペットボトル入のものを常用している人は飲み過ぎに注意しましょう。

適度な運動を心掛けましょう。

排便するときは、腹筋の働きでお腹に力を入れ腸を圧迫し、便がスムースに出るように押し出します。

腹筋の力が低下すると、この「腸を押す力」も弱くなり便がスムーズに出なくなり便秘しやすくなります。
また、腹筋の力が低下すると、大腸は本来ある位置から下がり気味になります。

大腸が垂れ下がって「大腸下垂」の状態になると、腸の働きを弱める原因となり、いっそう便秘を助長します。

また、年をとるにつれ、筋力が低下していくのは生理的な変化といえますが、これに拍車をかけるのが「運動不足」です。
コンスタントに腹筋力アップの運動を続けることが大事です。

○ エレベーターやエスカレーターを避けたり、一駅歩くなど、量を増やす

○ 腹筋力アップの体操を続ける

無理は禁物、急激な運動はかえって健康を損ないます。継続が大事です。

便意をガマンしない。。

便が出口近まで送り出されてきているのに、あと一歩のところで出ない。

若い女性に増えてきている直腸性便秘は「便意を無視する習慣」がつくる便秘で、直腸性便秘のパターンです。

したいのにがまん、便秘薬・浣腸の乱用・・などがきっかけに便が直腸のところまで下りてきているのに、なぜ出にくいかというと、腸の神経が鈍くなっているから直腸に便が送り込まれても便意をなかなか感じることができず、直腸のすぐ上の結陽も便を押し出そうするぜん動運動を始めてくれないのです。

長い間たまっている便は、水分が吸収され、硬くなっていきます。

コチコチの便がふたをした状態になってしまい、腹庄をかけ、やっとしぼり出すそんな状態になりがちです。

直腸の神経を鈍くしてしまう原因は、ずばり、あなた自身のこれまでの生活の中にあります。

便意あるのに、朝トイレに行く時間がなかったりして、排便をがまんすることが多かったのではないでしょぅか。
あるいは、便秘解消のために便秘薬や浣腸を繰り返してはいなかったでしょうか。

直腸に強い刺激を与え続けていると、少々の刺激では直腸の神経が反応しなくなります。

ストレスに気をつけましょう。

ストレスの感じ方は人それぞれ違いますが、毎日の生活で知らず知らずに積み重なったストレスによって突然体に変調を来すことがあります。
日頃のストレス対策は健康な心と体・きれいな腸をつくるためにとくに大きな意味をもっています。

ストレスに負けないためには「暮らし方」「考え方」を少し変えてみることです。そうすればストレスと上手につきあう方法が見つかります。

心とからだは切り離せないものです。忙しい仕事で疲労がたまっていたり、不規則な生活で自律神経の働きが乱れていたりすると、同じような出来事でも、強いストレスと感じることがあります。

日頃から、ストレスに耐えるだけの「気力・体力」を養っておくことは基本的な対策法です。

また、会社や学校での心配事、イヤだったことを、家に帰ってからも思い起こして、クヨクヨしたりしていないでしょうか。

自分ではどうにもならない悩みは「あるがままに受け入れる。」「事実は事実としてとらえ、それ以上、踏み込まない。」

そんな考え方もストレスに対処するコツのひとつでしょう。

便秘解消の一番は…「腸内善玉菌」を増やすこと。

口から入った食べ物は、食道・胃・腸を通り、最終的に便として出て行きます。体の中に食べ物が入ると、食道から胃へ、胃から腸へそれぞれの場所でそれぞれの役割を果たしながら、次へ次へと送り出されているわけです。

この体の中で食べ物を送り出していく蠕動運動(ぜんどううんどう)があるからこそ、口から取り入れた食べ物が体の中で溜まらず、便として外に排泄されていくわけです。

この蠕動運動(ぜんどううんどう)のポイントとなるのが腸内の善玉菌です。

私たちの腸の中には100種100兆個もの大量の腸内細菌が食べ物のカスや老廃物などを発酵・腐敗させながら繁殖しています。

乳酸菌などの善玉菌と呼ばれる腸内細菌は、腸内で乳酸や酢酸を生成し腸内を酸性に保ちます。

この酸の刺激は腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にする効果があり、排便がスムーズになりきれいな腸を保つことを助けると言われています。

したがって、腸内の善玉菌が増えると、口から入った食べ物を、腸の中で便として送り出す動運動(ぜんどううんどう)が活発になりますので、腸内の善玉菌を増やすことが便秘を解消するためのポイントです。

便秘をいち早く解消したいからと言っても、腸に負担の大きい「アロエ・センナ」などを含んでいないこと。
味や香りに創作がなく、余分な添加物などが入っていないことです。

市販されている商品の中には「天然・自然」と記載していても、下剤成分を使用していることもありますので注意が必要です。

すぐに効果があるものや下痢をしたりするものなどなぜ、それが体に良くないのか…。

それは腸に刺激を与えて排便させる方法では、その刺激に腸が慣れてしまい「ある日ぱったり出なくなる」可能性があるのです。

そうなると規定の量では効かないのでやむを得ず量を増やしたり、効かなくなるたびに別の商品を探し続けなければならない結果になります。

また、摂りすぎるとお腹がゆるくなるような商品は、便秘解消どころか下痢を招きますので体に大きな負担がかかるためお勧めできません。

便秘だけではなく下痢にも効果があり、善玉菌を増やし腸に負担をかけず自然な働きかけで便秘が解消できる、そんな商品をお選びください。

乳酸菌とはどう違うの?

乳酸菌を摂取してもそのほとんどは強力なあなたの胃酸にやられて「腸に届くまでに」死んでしまいます。
生き残ったとしてももともと腸の中で棲みついていない新顔の菌は、単なる「通過菌」に過ぎず、そこに定着する可能性は極めて低いと言えます。
これはカプセルに入れて生きたまま腸まで届くように工夫されているものでも同じことが言えます。
一番大切なことは、もともと腸内にいる善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすこと。
それが大きな違いです。

便秘薬と何が違うの?

便秘薬は「腸が仕事をしなくなる薬」だと言えます。

便秘薬を使い続けると腸が本来持っている力を弱めてしまうのです。

要は「薬を飲まないと出ない体質」を作ってしまうのです。

また、便秘薬は腸内にいる善玉菌も一緒に排出させてしまいます。

その後腸内に棲みつくのは決まって悪玉菌です。

本当に便秘を解消したいと思ったら、アロエやセンナ、大黄など漢方が主体の下剤やハーブは副作用も少なく安全だと考えている人が多くいます。

漢方薬やハーブは一般的に安全なイメージですが、腸を無理やり刺激して排便させる仕組みは一般的な便秘薬と同じです。

これらの植物の葉にはアンソラシンと呼ばれる化学物質が含まれています。

飲み続けると腸の壁にメラニンのような色素沈着を起こし、まるで伸びきったゴムのようになってしまうのです。

善玉菌の代表的なものに「ビフィズス菌」があります。

善玉菌はこの有害物質を生成する悪玉菌が増殖するのを抑えます。

また例え悪玉菌が有害物質を生成したとしても善玉菌はそれを分解する働きもあり、私たちの腸内を綺麗にしてくれます。

更に善玉菌には腸のぜんどう運動を促すことで便秘を防いだり、下痢の予防・治療に効果的であったり様々な利点があります。

便秘になると免疫力も低下してくると言われていますので、免疫力を高めてくれる、などもビフィズス菌による作用です。

このように善玉菌は便秘のみならず腸内環境を整えてくれることで、様々な作用があり私たちの体に影響を与えています。

ちなみに年齢を重ねるに連れて数が増えるのは悪玉菌で、善玉菌は数が減ってしまいます。

善玉菌を増やす二つの有効成分

①サラシア

「サラシア」とは、インド、スリランカ、東南アジア、ブラジルの熱帯地域に自生するデチンムル科のつる性植物です。

これらの地域では、その実を食べるほか、幹や根を古くから薬用に活用してきました。

インド、スリランカの伝承医学「アーユルヴェーダ」では、糖尿病治療や肥満予防に使われてきました。

幹や根を粉砕したものを煎じて飲んだり、「サラシア」の幹や根をくり抜いてコップを作り、食事の際に水や酒をいれて飲んでいたようです。

「サラシア」は近年日本の研究者グループによりその薬効が科学的に立証され、世界で初めてその有効成分が発見されました。(注:「サラシア」は薬ではありません。)

「サラシア」に期待できる最大の効果は便秘解消。

「サラシア」により食事でとった二糖類以上の糖の吸収を抑えることができますが、この吸収されなかった二糖類以上の糖は腸で便通改善に活躍します。

腸には、およそ 100 種類 100 兆個の腸内細菌が住み着いていて、人体に悪影響を及ばす悪玉菌と、健康増進に役立つ善玉菌に大別されます。

健康な人の腸は、つねに善玉菌優性の状態に保たれますが、悪玉菌が増え出すと健康が根本から崩れてきます。

「サラシア」を摂取すると、腸に残った二糖類以上の糖が善玉菌の餌になります。

また、「サラシア」自体も二糖類以上の糖のオリゴ糖などを含んでいるので、「サラシア」をとっていると善玉菌がどんどん増えていきます。

その結果、ダイエット効果

食事でとった糖質の吸収を抑えることにより、余分な糖が体脂肪として蓄積するのを妨ぎます。

糖の吸収量が少なければ、すでに蓄積されている体脂肪も消費されて自然に体脂肪が減ってきます。

又、腸で脂肪代謝酵素を阻害し脂肪の吸収を抑える働きがあります。

更に「サラシア」には食後の血糖値上昇を抑える驚くべき効果がわかっています。

②アスパラサス・リネアリス

南アフリカのセダルバーグ山脈の高原に自生する「アスパラサス・リネアリス」は松に似た針葉樹です。

オーガニックルイボスとも呼ばれ、ルイボスティーの中でも最高級グレードに位置付けられます。

人間の体に必要な必須ミネラル・カルシウム・マグネシウム・マンガン・鉄分などが豊富に含まれているのに加え、フラボノイド類・SOD酵素・植物プロテイン(たんぱく質)なども多く含まれており、ノンカフェインで、ミネラルや鉄分も豊富に含まれているので妊婦さんや赤ちゃん(生後2ヶ月くらいから)に薄めたものを飲ませられ、また、健康な人や子供にも麦茶代りゴクゴク飲んでもらいたいお茶です。

味と香りは、麦茶をもっと香ばしくした感じ、お茶の色は、紅茶をずっと赤くした感じです。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-85-3048 FAX 0120-25-3048 9:00~12:00 13:30~17:30

2019年7月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
2019年7月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGETOP