運動療法としてもっとも大切なことは、有酸素運動を毎日行う、ということです。
有酸素運動とは、瞬間的に激しく筋力を使うのではなく、少し息が弾む程度でおよそ20分以上続けられる運動です。 有酸素運動は、血液中の糖や脂肪を効率よく消費するのに適しています。

有酸素運動は活力ある体を呼び起こす。

1.有酸素運動のメリット

  • 心臓への負担が少ない
  • 血管を丈夫にし、血圧や脈拍が上がりにくくなる
  • 筋肉に疲労のもとである、乳酸の蓄積が少ない
  • 長時間続けられるので、消費カロリーが大きい
  • 脂肪の消費が高い

2. 有酸素運動の例

代表的な有酸素運動と言えば、ウォーキング、ジョギング、サイクリング、スイミング、エアロビクスなどです。

3.正しい有酸素運動

  • 無理をしないで楽しむ
  • 何よりも20分以上続けられることが大切
  • 長期間続けることを心がけ運動する

楽しめることが長続きのコツです。

4.ウォーキングと自転車は有酸素運動の優等生

運動療法にはこれといった決まったやり方はありません。
しかし方法などの好ましい条件は、次に示すようなものです。

  • 長時間行える運動
  • 毎日行える運動
  • 長続きする運動
  • 運動強度を自由に変更できる運動
  • 全身の筋肉を使う運動

クリアできるのが、ウォーキングと自転車なのです

運動も大切です。無理はしないことが大切です。