1. 朝1杯の水を習慣に
朝、水を飲むと胃腸が目覚めてご飯が食べたくなり、ご飯を食べるとお通じもスムーズに。
2. 1日1リットルを目標に
1日に5回くらいのタイミングでコップ1杯づつ飲むと、ちょうど1リットルくらい摂取できます。
スポーツの後など、たくさん汗をかいた時には、水に天然の塩を少し入れると効果的。
水が電解質になって吸収が早まります。
3. 乾く前に飲む
のどの渇きがくる前に水分補給をすると、様々な代謝がうまくいきます。
4. お風呂上がりは、内と外から水分補給
お風呂上がりは、皮ふがふやけているので水分があるように感じますが、実は、たくさん汗をかいているので水分は不足した状態。
・内からの補給
出ていった汗と同じくらいの水を飲んで水分を補給しましょう。
・外からの補給
ウォータースプレーなどで、お肌にもたっぷりと水分を。
便秘の原因には、食物繊維の不足、運動不足、不規則な生活、ストレスなどがありますが、水分の不足もまた大きな要因のひとつです。
体内の水分が足りないと便が固くなって排泄されにくくなり、また消化液の分泌量も減ってしまいます。
また、水は腸のぜん動運動を刺激し、排便を促す役割も果たします。
とりわけミネラルの豊富な硬水は、腸を刺激する作用が高いと考えられています。
水ウェブより 抜粋