便をスムーズに排出させるためには、便がある程度軟らかくなければいけません。
便を軟らかくするために水分はかかせません。
お酒は、水分そのものだから便秘には影響はない、とお考えでしょうか?
アルコールは全般に利尿作用があるので、逆に体内の水分をどんどん出してしまうのです。
普段は、脳から腎臓へ、尿の量を調整するホルモンが出ています。
アルコールはその働きを抑えてしまうので、尿の量は増えてしまうのです。だから、お酒を飲むとトイレに行く回数が増えてしまいましよね。
特に、カリウムのが多く含まれているビールには利尿作用は高いといえます。
飲んだ直後は喉の渇きを癒せても、結果的には脱水状態にさせてしまいます。
アルコールを飲んだ場合は、水分もたっぶり補給しておいたほうがいいようです。
水分は、普通の水で充分です。
脱水状態は、血液をドロドロにし、粘膜も乾燥させますので、便秘だけでなく、健康にもお肌にも悪影響を及ぼします。