人間の腸内には、100種類以上、100兆個以上の腸内細菌が存在しています。
そのほとんどが大腸にいます。腸内細菌は人間が食べた食物の栄養素を元にして、発酵と繁殖を繰り返しています。
細菌の発酵が進むと代謝物が作られ、その代表的なものが、ガス、つまり「おなら」です。
腸内細菌は、体にエネルギーを与えたり、外から侵入する病原体の増殖を抑えたりする働きをします。
この腸内細菌には、体に良い影響を与える「善玉菌」と悪い影響を与える「悪玉菌」があります。
腸には、「腸管免疫」という免疫機能があり、侵入する病原菌などの異物から身体を守ってくれるありがたい働きをしてくれます。
この「腸管免疫」は主に小腸に存在していますが、大腸にもあります。
便秘は、腸内環境が悪くなり、悪玉菌が増えることで、外部からくる病原菌への抵抗力が低下していることを意味します。さらには老廃物が排出されなくなるため、体への悪影響は測り知れません。
便が停滞しやすい場所は、ガンの発生率も高くなる傾向があります。