薬というものは、本来、病気そのものを直してくれる作用があるわけではなく、病気によって起こる様々な症状を押さえて、あとは、身体が本来持っている自然治癒力を発揮できるように作用するものです。
風邪薬にせよ、胃腸の薬にせよ、体調が良くなっても飲み続けていたら、体に害があるということは、誰でも理解できます。
便秘薬は、溜まってしまって排出が困難になった便を、強制的に排出するものであって、消化器官を正常にする薬ではないのです。
しかし、多くの人が、便秘になることを恐れるあまり、食事の後や寝る前に当然のように便秘薬を飲み続けています。
動きの悪くなった腸を回復させようとする前に、薬で強制的に刺激を与えて出してしまっています。
また、病院へ行って便秘を訴えると、当然下剤を渡されますので、それを飲む、さらに習慣化する、という悪循環が生まれます。
長年薬で刺激された腸は、黒く変色し、伸びたゴムのようになってその機能を失ってしまいます。
便秘そのものは病気ではなく、腸の動きが悪いだけなので、出ないからといって、必要以上に恐怖しないようにしましょう。
あまりに苦しい場合は、下剤を使うことも必要ですが、一旦お腹がスッキリしたら、今度は下剤を減らす工夫や、腸内環境を整える工夫にチャレンジしてください。
便秘薬に頼りたくない気持ちは充分あるけれど、結局、薬を飲まないとダメ。何度も失敗してる、という方も多いと思います。
それは、いきなり薬をやめるからです。
そうではなく、減らしていく努力です。
減らしながら、腸を改善させていく努力です。