食物繊維には、大きく分けて2種類の食物繊維があります。
・水溶性食物繊維
水分にとけてゲル化し、一緒に食べ物を包み込むことで、吸収にかかる時間が長くなります。血糖値の上昇が緩やかになる、コレステロールの吸収を抑制する働きがあります。
海藻類・こんにゃく・りんご、いちごなどの果物・ココアなどに含まれます。
・不溶性食物繊維
水に溶けにくくカサが増えることで便意を促し、排出を助けます。
ごぼう、にんじん、セロリなどの野菜・はと麦・玄米などの穀類・さつまいもなどの芋類・大豆、小豆などの豆類に含まれます。
便秘には2つの食物繊維をうまく組み合わせるのが効果的とされています。
不溶性食物繊維が多く、水溶性食物繊維が少ないと便の水分が不足気味になり、あまり効果がない場合があります。
水溶性食物繊維は多めに摂るのがポイントです。
自身の便秘の種類、普段の食生活など良く理解して、効果的な食事をするのがベストですが、あまり神経質にならずにまんべんなく食べることが重要と言えます。
ただし、痙攣性便秘の場合は、食物繊維は逆効果です。繊維が少なく、消化の良い物を選んで食べてください。