腸内環境が悪くなると、腸の働きがにぶり、排便がスムーズに行われなくなってしまいます。
腸内環境を整えることで腸の働きを良くして、排便を促進することができます。
腸内には100兆もの腸内細菌がすんでいます。
腸内細菌の中には、健康に良い影響を与える善玉菌と、悪い影響を与える悪玉菌があるということは、良く知られています。
善玉菌が優勢になると健康効果が得られ、悪玉菌が優勢になると、さまざまな健康上の不調が出てきてしまいます。
その善玉菌を増やしてくれるのが、乳酸菌で、ヨーグルトにはこの乳酸菌が多く含まれているため、結果として腸内環境を整えるので、便秘にも効果的であるとされています。