ストレスから便秘になることは多いようです。
排便などを含む、消化機能は、自律神経によって動かされています。
ストレスなどで、自立神経に不調が出れば、影響が出てきます。
また、大腸から始まる排便機能は、単純な機能なので、例えば、便意があっても、すぐにトイレに行けない時などは、放っておけば便意が消えてしまいます。
尿意は、放っておいても無くなりません。
それだけ、排便機能は暗示にかかりやすいと言うか、単純な機能だと理解できます。
ですから、ちょっとした環境の変化や、軽いストレスにも簡単に影響を受けてしまいます。
元々の体質が便秘傾向なのか、下痢傾向なのかによって、ストレスで、便秘になるのか、下痢になるのかが違います。
痛みが伴わなければ、下痢をしても一時的なので、特に心配はないかも知れませんが、便秘は溜まってしまうとちょっとやっかいですね。