便秘の種類を大きく分けると2つに分類することができます。
それは、生活状況によって起こる「機能性便秘」とそれ以外の病気が原因で起こる「器質性便秘」と呼ばれるものです。
器質性便秘の場合には腸自体に異常があったり、腸にがんなどの病気があることによって起こるものです。
器質性便秘の先天的なものとしては、巨大性結腸やS状結腸過長症などがあります。
後天的なものには、大腸憩室や直腸がん、結腸がん、クローン病などがあり、腸に腫瘍や炎症などが起こり、狭窄することで便の通りがスムーズに行なわれなくなります。
吐き気、下血といった症状が便秘と同時に起こることが多いので、思い当たる症状がある場合には早めに検査を受けるようにしましょう。
また、虫垂炎や帝王切開などの腹部の手術の後に腸の癒着や炎症が起こっている場合にも器質性の便秘になることがあります。
器質性便秘は、生活の見直しということだけでは改善することができないものです。