日本人は腸の長さが欧米人に比べて長いため、食事が欧米型に変化してから、便秘に悩む人が増加してきました。
肉は野菜に比べて消化に時間がかかります。
腸の長い日本人の場合は、腸内で肉が長く留まることになるので、便秘になる可能性が高くなるのです。
欧米型の食事が、全ての便秘の原因というわけではありませんが、偏った食事が便秘の原因のひとつになっていることは事実です。
逆に、食べる量が少ないと便秘になることがあります。
ダイエットなどで食べる量を減らしていると、便の量が十分に作られないので便秘になりやすくなってしまいます。
便秘は、腸がうまく機能していない状態ですので、腸の動きを助けてくれない食べ物を習慣的にとることも原因となります。
消化の良いもの、油分のないものなど、長期的に続けることで、腸が活発に動かなくなるので便秘の危険があります。
冷たいものの撮り過ぎも、内臓を冷やすため、血流量が減り大腸の運動機能を下げてしまいます。