リコピンは肌サビ防止に効果的です。
インナービューティとして、活性酸素を除去するリコピンをたっぷり含んだスイカを食べることは、おすすめです」。
便秘にスイカトマトよりもスイカのほうがリコピンが多いといわれています。驚きますよね。実際、スイカの赤い果肉の部分にトマトの1.5倍のリコピンが含まれているんです。
スイカの学名は『シトルラス・ラナタス』。シトルリンは、1930年にスイカの果汁から発見された成分です。
ウリ科以外の食べ物にはほとんど入っておらず、保有量がいちばん多いのもスイカ。しかも、皮の白い部分には、果肉の2倍のシトルリンが含まれているんです。
赤いところを食べ終えて捨ててしまう人がほとんどだと思いますが、じつはもったいない。少し手を加えれば白い部分も食べられます
千切りにして塩昆布と混ぜるだけでもおいしいという、スイカの皮の白い部分。ほかにも、白い部分をおろし、ヨーグルトに混ぜて冷凍するシャーベットや、千切りにして豚肉と炒めたりするのもおすすめ。
また、スイカの効果は、便秘の改善にも発揮されるといわれています。
食べましょう!!

<ヤフーニュースより 抜粋>