ネバネバに含まれる「ムチン」には、粘膜を潤し整腸作用があると言われています。そのため、便秘解消に効果的です。
オクラオクラのネバネバに含まれる水溶性食物繊維の「ペクチン」は、血中コレステロールを抑制する働きがあり、中性脂肪をつくるアミラーゼの働きを抑えることで、肥満を予防すると言われています。
その他にも、「ムチン」にはたんぱく質を無駄なく吸収する働きもあります。したがって、タンパク質豊富な食材と一緒に摂取することで、疲れが取れやすくなり夏バテ防止になります。
「ムチン」には強力な保水効果があり、細胞を活性化して老化を予防するとも言われています。食物繊維が豊富なためデトックス作用もあります。
オクラの特性をいっそう効果的に摂るには、生で食べることがお勧めです。
ペクチンやムチンは熱に弱いため、粘り成分を活かすなら、生のままがグッド!火を通すとしても、短時間の加熱で利用するとよいでしょう。