便秘薬の中で、便を軟らかくするタイプの塩類下剤は、習慣性が低く比較的長期に渡って使用しても副作用は少ないと言われています。また、誇張性下剤も副作用は少ないと言われています。
しかし、一部の便秘薬には、腸内の粘膜に炎症を起こしたり、習慣性があるため次第に効果が薄れる等の副作用があります。
一時的に便秘薬を使わないといけない状況があったとしても、薬にだけ頼る解消法はリスクも伴います。
下剤をずっと使っていると、体内のカリウムイオンが減り、筋力が低下します。
排便に必要な腹筋の筋力や腸の運動能も低下し、便秘はますますひどくなります。
市販の便秘薬は、作用の強さやはたらき、習慣性などの点でさまざまなタイプがあるので、使用する際は薬剤師に相談して自分の状態に合ったものを選んでください。
とくに、腸の蠕動運動を刺激するセンナ系の下剤は、常用すると次第に腸の運動能を低下させてしまうので、生活改善を行いながら補助的に使用するようにしましょう。